NHKさいたま放送局

NHKさいたま放送局

NHKさいたま放送局



昭和19年2月、仲町に「浦和出張所」として開所、主にラジオ聴取料の徴収を行っていました。
昭和23年5月に「浦和支局」と改称。加入者増から局舎が手狭になったため、翌年2月に常盤町4丁目へ移転しました。7月には放送業務が拡充され「浦和放送局」と改称しました。
その後、放送機能の高度化のため昭和41年に現在の位置に移転し、昭和46年からFM県域放送を開始しました。 昭和60年には多目的スタジオを増設、平成元年には屋上に天気カメラを設置しました。
平成13年、さいたま市誕生により「さいたま放送局」に改称し、現在に至っています。